マネー・ローンダリング及びテロ資金供与に係る基本方針

 ノースパシフィック株式会社(以下「当社」という)は、北洋銀行のローンに関して信用保証業務を担う子会社かつ札幌北洋グループの一社としての社会的責任と公共的使命を認識し、マネー・ローンダリング及びテロ資金供与(以下「マネー・ローンダリング等」という。) 対策を経営の最重要課題のひとつとして位置づけ、関係法令等を遵守し、当社を取り巻く国際情勢やリスクの変化等に機動的に対応し、かつ実効的な管理態勢の整備に努めます。

1.組織態勢

  • (1)当社は、マネー・ローンダリング等の対策に関する責任者及び統括部署を定めて一元的な管理態勢を構築し、関係部署の連携のもと、各部署の役割及び責任を明確にしてマネー・ローンダリング等の防止対策に取り組みます。
  • (2)「取締役会」は、マネー・ローンダリング等の対策を経営の最重要課題のひとつと認識し、主体的かつ積極的に関与して適切な管理態勢を構築します。

2.リスクベース・アプローチ

 当社は、リスクベース・アプローチの考え方に基づき、当社の業務に係る取引形態、取引にかかる顧客の属性等のリスクを具体的に検証し、マネー・ローンダリング等のリスクを特定・評価し、リスクに見合った低減措置を講じ実施します。

3.顧客管理方針

 当社は、銀行が定める顧客管理方針により必要な措置を適切に実施します。

4.研修等の実施

 当社は、役職員等に対し、マネー・ローンダリング等の対策に関する研修等を継続的に実施し、必要な知識を高め、意識の向上を図ります。

5.有効性の検証

 当社は、マネー・ローンダリング等の対策の状況について、グループ運営規定に基づき、定期的に北洋銀行の監査を受け、監査結果を踏まえて更なる管理態勢の改善に努めます。

以上